カートをみる 会員様登録・マイページ お買物方法 お問い合せ お客さまの声 サイトマップ
RSS
お買上げ金額6000円で全国送料無料
菩提樹ビーズカテゴリー 菩提樹数珠・念珠カテゴリー 菩提樹アクセサリーカテゴリー 菩提樹ビーズの委託販売
改定中 ※ただ今の送料無料となる基準価格は、お買い上げ金額6000円以上となっております。
商品ページ下部の送料に関する記述の更新に、しばらくお時間を頂いております。
随時行っておりますので、何卒ご理解くださいませ。

[100g約400粒]鶏冠菩提樹の実(沙羅双樹の一種)※通し穴なし Pickup

<<■Funky Buddha■>>

コッ・コッ・コケー・コッコッコ♪

鶏冠菩提樹の計り売りコーナー

(沙羅双樹の一種)

■100g約400粒■

※粒サイズや色柄は完全アソート(お任せ)購入となります。

鶏冠菩提樹ビーズ売り01 鶏冠菩提樹ビーズ売り02
↑トマトや唐辛子もそうだけど↑
自然素材の赤色っていい味出してるよね^^
コロンと不思議な形。創作意欲がUP



祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらは(わ)す。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。



【鶏冠菩提樹とは?】

こちらは鶏の冠のような形状&深紅な色合いから、
当店では「鶏冠菩提樹」と呼んでいます。

植物文献などにもあまり詳細がないため未確認ではありますが、
現地では沙羅双樹と説明されました。

菩提樹同様、世界各地で沙羅双樹と呼ばれる樹木が多種類ありますので
その一種かと思われます。


※パソコン環境等によっては、実際の質感・色柄などに若干の差異があることもございます。
ご質問など何かございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。



※ビーズ使用のための穴開けのアドバイス
・そろばんの珠のような形状で、サイズも数mmと小さいため、穴あけが少々難ありですが、ボール盤などの機材を使用することで可能ではあります。表面がマーブルチョコのようにコーティングされたような殻状ですので、穴開け作業の際は、刃先が鋭いものを使用し回転数を上げて行わないと、刃が入る上側はきれいに穴開け加工出来ても、貫通して刃が出る下側がイビツに割れることがあります。ブレスレットなどにして繋げてしまうとイビツな部分は見えなくなりますが、根気よく地道に処理をすればきれいに加工できます。職人魂に火をつける=職人泣かせな素材ですが、大変珍しいものですので、個性を求める方にはお勧めの逸品です〜♪


■商品詳細■
素材 鶏冠菩提樹(ケイカンボダイジュ)
タイランド産
サイズ 直径7.5-9mm*厚み6mm程のソロバン珠型
※個体差あり
発送方法 宅配便&メール便OK!
お買上げ金額合計が5250円以上で全国送料無料♪



[100g約400粒]鶏冠菩提樹の実(沙羅双樹の一種)※通し穴なし

メーカー:ファンキーブッダ
型番:1003TBZ40-100
価格:

2,160円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数: セット(1セット100g約400粒)

在庫

売り切れ御礼!

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品仕様

型番1003TBZ40-100
メーカーファンキーブッダ

【ファンキーブッダSTAFFから一言】
トマトや唐辛子もそうだけど、自然素材の赤色っていい味だしてるよね〜。アクセサリーパーツとしてワンポイントにしてもいいけど、これだけでグルリ一周のブレスレットなんかすごく個性的で僕は大好きです♪天然石ブレスの重ね付けが流行ってますが、石ばかりよりも雰囲気やわらかな木製素材も加えると「You are King of OSYARE」って感じるのは店主の独断と偏見か!?(爆)

【ビーズ使用のための穴開けのアドバイス】
・そろばんの珠のような形状で、サイズも数mmと小さいため、穴あけが少々難ありですが、ボール盤などの機材を使用することで可能ではあります。表面がマーブルチョコのようにコーティングされたような殻状ですので、穴開け作業の際は、刃先が鋭いものを使用し回転数を上げて行わないと、刃が入る上側はきれいに穴開け加工出来ても、貫通して刃が出る下側がイビツに割れることがあります。ブレスレットなどにして繋げてしまうとイビツな部分は見えなくなりますが、根気よく地道に処理をすればきれいに加工できます。職人魂に火をつける=職人泣かせな素材ですが、大変珍しいものですので、個性を求める方にはお勧めの逸品です〜♪

ページトップへ