カートをみる 会員様登録・マイページ お買物方法 お問い合せ お客さまの声 サイトマップ
RSS


■イベント出店によるお休みのお知らせ■


2020年6月5日(土)~11日(木)(5日は搬入)まで、イベント出店でお休みとなっております。
ご注文の受付は通常とおり承っておりますが、ご注文確認やお問い合わせへのご返信、
商品の発送などは期間明け【12日(金)より】順次のご対応となりますので、
あらかじめご了承くださいませ。どうぞよろしくお願い致します!

イベント出店案内

場所:岐阜県関市小瀬1833
『カフェ・ド・ギャラリー アダチ』
10時-17時(最終日は16時まで)



お買上げ金額6000円で全国送料無料
菩提樹ビーズカテゴリー 菩提樹数珠・念珠カテゴリー 菩提樹アクセサリーカテゴリー 菩提樹ビーズの委託販売
改定中 ※ただ今の送料無料となる基準価格は、お買い上げ金額6000円以上となっております。
商品ページ下部の送料に関する記述の更新に、しばらくお時間を頂いております。
随時行っておりますので、何卒ご理解くださいませ。

菩提樹とは?


一般的に菩提樹について知られていることと言えば、
お釈迦さまが、その木の下で49日間の瞑想をされたのちに、
悟り(菩提)を開かれたことから、その木を「悟りの木・菩提樹」と
呼ぶようになったということでしょうか。

もともと、その木はピッパラ樹と呼ばれていましたが、
お釈迦さまが仏教を教え、その弟子達が仏教の教えを広めようとした際に、
信仰の対象としてその木を「悟りの木・菩提樹」として広めようとしたようです。

ですが、菩提樹も植物の1つ。
仏像のように、その地域に持って行ってただ置けばよい。。。
といったようには行かず^^

菩提樹の育つ環境が
その先々の地域での気候に馴染めないということもあったようで、
本来の菩提樹に対して、その土地の気候に馴染む木が
仮の菩提樹として伝わることとなり、
その土地での菩提樹として認識されるようになって行きました。

そのため、その土地土地で菩提樹の姿形も違いがあり、
〇〇菩提樹といったように、何種類もの菩提樹が存在するようになったようです。


また、諸説ありますが。。。


悟りを開いたのはお釈迦さまだけと思われがちですが、
「過去の七佛」と呼ばれる仏陀も各々の菩提樹の下で
悟りを開かれているため、複数の菩提樹の木があるとも謂われています。


そんなところが、摩訶不思議な菩提樹ワールドの所以であり、
奥が深くて面白いところなのかなぁ^^

まぁ、お釈迦さまに言わせれば、
『大事なのは、そんなところではないぞ~!』
なんて説法されそうですねどね(笑)


ページトップへ